株式会社パームホルツはOPT(オイルパームの樹幹・マレーシアなどで多く植樹されたアブラヤシ)の利活用を支援しています

最新情報

  • MALAYSIAN WOOD EXPO 2019 (マレーシアン ウッド エキスポ2019)に出展します

    2019年11月19日〜21日の3日間マレーシアにて開催される「MALAYSIAN WOOD EXPO 2019 (マレーシアン ウッド エキスポ2019)」に出展いたします。 ここで、OPT(

    keyboard_arrow_right詳細はこちら
  • コンソーシアムを設立します

    2020年春を目標にTEAM Palmholzを中心としたコンソーシアムを設立することにいたしました。 オイルパームの樹幹(Oil Palm Trunk = OPT)で、石油化学素材を一切使用し

    keyboard_arrow_right詳細はこちら
  • ホームページをリニューアルしました

    これまでマレーシア向けにホームページを公開しておりましたので、英語サイトしかありませんでしたが、この度日本語サイトとしてリニューアルいたしました。 これまでの人生の集大成とも言えるこの会社で、人

    keyboard_arrow_right詳細はこちら
もっと見る

パームホルツは未利用資源OPTの利活用を支援する会社です

株式会社パームホルツは、強度がなく建材としての利用価値がないために未利用資源として扱われていたオイルパームの樹幹(Oil Palm Trunk = OPT)を合板に生まれ変わらせる新しい技術や特許を多く持っている会社です。
その技術は元々、日本に戦後多く植樹され、伐採後の利活用が少なくて問題となっていたスギの利活用研究に向けて開発された圧密化技術です。
耐摩耗性などの強度の問題でフローリングには使えなかったスギを圧縮することにより耐摩耗性強度を2倍~3倍に高めることでフローリングにも利用出来る事を可能にした当社の前身企業マイウッド・ツー(株)が研究開発を行い特許を取得した技術です。

私たちは、オイルパームの植林面積が生産世界2位であるマレーシアで、合板加工を製造するに必要なモノづくりのノウハウを伝え、OPTの未利用資源を価値ある資源へと生まれ変わらせる事業化の支援を行います。
また、マレーシアで製造した合板やエクステリア製品を建材や家具などの材料として取り扱いたい企業とのマッチング事業を行います。

パームホルツについて詳しく知る

コンソーシアム参加のご案内〜未利用資源であるOPTの利活用に興味のある企業様へ〜

オイルパームの樹幹(Oil Palm Trunk = OPT)で、石油化学素材を一切使用しない人と地球環境に優しい合板をつくることが株式会社パームホルツの技術でできます。
これまで、学校、市役所、体育館・図書館などの床・旅館の内装・日本庭園の池の橋・ベンチの板など屋内外問わず導入されており、安心・安全な製品であることを証明することができました。
そこで、OPTの利活用をビジネスとして展開していくために、OPTの安定的な供給ルートの確保、OPT合板の量産技術支援、OPTを使ったものづくりの研究開発、OPTを使用した製品の販売を目的としてパーム油の生産が盛んであり、そして、OPTの利活用に悩んでいるマレーシアでコンソーシアム(共同事業体)を2020年春を目標に設立することにいたしました。
つきましては、コンソーシアムへの参加に興味のある企業様を現在募集しております。
未利用資源のOPTの利活用に興味のあり、この事業を私たちと一緒にしたいと考える方は、コンソーシアム説明会エントリーフォームよりエントリーください。

コンソーシアム募集企業概要

  • コンソーシアム募集企業 オイルパーム 農園

    マレーシアのオイルパーム農園様

    この事業でOPTを利活用できるようにするためには、大量のOPTを安定的に供給できる仕組みが必要です。そこで、未利用資源のOPTの利活用に興味があり、木材加工会社と提携していただけるオイルパーム農園の方を募集しております。

  • コンソーシアム募集企業 マレーシアの木材加工会社様

    マレーシアの木材加工会社様

    OPTは、デンプン・糖分を多く含んでいることから、伐採してからできれば、24時間以内に加工工程に入らないとOPTが、腐ってしまい、資源としての価値がなくなってしまう問題があります。そこで、OPTの利活用に興味のあり、オイルパーム農園と提携可能な木材加工会社の方を募集しております。
    「高付加価値の合板加工技術とそのモノづくりに必要なシステムづくり」については私たちが伝承します。

  • コンソーシアム募集企業 投資家様

    投資家様

    OPTのビジネス化に向けての活動やさらなる利活用の研究開発には、まだまだ資金が必要です。そこで、OPTの利活用や環境保全、SDGsに貢献する事業に興味があり、投資をしていただける投資家を広く募集しております。

  • コンソーシアム募集企業 合板の量産技術がある日本の企業様

    合板の量産技術がある日本の企業様

    私たちは、OPTの高付加価値の合板技術の研究開発によって、用途により強度や加工方法の異なるOPT合板をつくることはでき、それをマレーシアの木材加工会社に伝承することはできますが、量産した経験はありません。そこで、合板の量産技術がある日本の企業様で、現地で日本クオリティの量産技術支援を行っていただける企業様を募集しております。

  • コンソーシアム募集企業 制作・販売に興味のある企業様

    OPTを使用した製品の制作・販売に興味のある企業様

    OPTは合板以外にも脱プラスチック推進原料や鶏の餌、きのこ栽培に使用する菌床など、様々な用途に利用可能なことが日本の研究機関で実証されております。そこで、合板を使用したこれらの製品制作や販売に興味がある企業様を募集しております。

  • コンソーシアム募集企業 ものづくりに興味のある企業様

    人と地球環境に優しいものづくりに興味のある企業様

    OPTは石油化学素材を一切使用しない地球環境に優しい合板と謳っていますが、「地球環境に優しい」と謳えるのはOPT合板自身のことであり、実際に施設に施工する場合は、鉄やネジなどの非天然資源を利用して施工を行うしかありませんでした。
    私たちは、制作から施工まですべての工程を「自然由来の資源だけで完結する」ことが「真の人と地球環境に優しいものづくり」と考えており、そこを目指しております。
    そこで、OPT利活用に興味があり、地球環境に優しいものづくりを一緒に取り組んでいただく企業様を募集しております。

↑ PAGE TOP