株式会社パームホルツはOPT(オイルパームの樹幹・マレーシアなどで多く植樹されたアブラヤシ)の利活用を支援しています

パームホルツとは

HOME arrow_right パームホルツとは

パームホルツは未利用資源であるOPTの利活用を支援する会社です

株式会社パームホルツは、強度がなく建材としての利用価値がないために未利用資源として扱われていたオイルパームの樹幹(Oil Palm Trunk = OPT)を高付加価値の合板に生まれ変わらせる新しい技術や特許を持っている会社です。

その技術は元々、日本に戦後多く植樹され、伐採後の利活用が問題となっていたスギの利活用研究にて開発された圧密化技術です。
強度の問題でフローリングには利用できなかったスギを、圧縮することにより耐摩耗性強度を高めることでフローリングに利用を可能にした、当社の前身企業マイウッド・ツー(株)が研究開発を行い特許を取得した技術です。

local_libraryオイルパームとは?

オイルパームとは、マレーシア・インドネシア・コロンビアなどに国策として多量に植樹された椰子(ヤシ)の木の一種で、パーム油が搾油できる植物として有名です。オイルパームは、実・シェルは食用油等々に利活用されているが、樹幹自体は使い道がありませんでした。オイルパームは25〜30年経過すると、実の付きが減少するため、伐採し、植樹し直しが必要となります。未利用資源であるOPTは土に埋められ、それが今、土壌汚染になると問題となっております。

パームホルツは未利用資源であるOPTの利活用方法を研究しています

オイルパームは、樹幹以外の部分は利活用されつつあります。実の白い部分は石鹸や食用油の中でも高級油として扱われています。実の赤い部分は一般的な食用油としてスーパーなどに陳列されています。実の黒い部分はバイオエタノールとして活用されています。実の先端にある空果房は紙製の緩衝材として利用されています。
一方で樹幹は、強度が弱く伐採後放置しておくと、デンプン・糖分を多く含んでいるために腐敗の進行が早く、活用方法が見つからないまま、やむおえず土に埋めるなどの処分をするしかありませんでした。その土に埋めるという行為が雑菌の繁殖により、土壌汚染になり環境に大きな影響を及ぼし、問題となっているのが現状です。
そこで、私たちは、そうした未利用資源によって自然環境が悪化することを防ぐためと、OPTを資源としての活用方法の研究をはじめました。

研究をはじめるにあたり、我々はパームホルツの前身の政府機関の出資による研究会社「マイウッド株式会社」でスギの圧密化技術研究を行なっていた専門家を集結し、TEAMパームホルツを結成しました。
12年間の長期間に及ぶ研究の結果、OPTに関する多くの特許とノウハウを取得し、OPTの圧密化技術を確立いたしました。

TEAMパームホルツ TEAMパームホルツ

OPTの利活用方法

私たちの研究の成果により、OPTは合板加工をすることで未利用資源から価値ある資源へ生まれ変わることができました。しかし、それだけではありません。12年間の長年の研究の中で、我々はOPTの組織の分離分別処理での新たに、プラスチックの充填材、家畜の飼料などの利活用の研究も行いました。

合板としての利活用

合板は、建材や家具、エクステリア製品の材料に利用できます。自己接着だけの機能では屋外使用に対応できるほどの接着強度にはならないのですが、天然由来物から生成した接着剤を充填することで、屋外使用品にも十分に耐えうるエクステリア製品の合板を開発しました。

維管束としての利活用

維管束は、OPTの内部組織の一部で、水分や栄養素の運搬を行っていた組織です。これをポリプロピレンと混ぜることで、脱プラスチックを推進することができ、少しでもプラスチックの使用量を減らすことで、海洋プラスチックなどの問題に貢献できることが期待されます。
また、ポリプロピレンに維管束を混ぜる実験を行った結果、ポリプロピレン100%よりも曲げ強度が16%、引張弾性率が1.5倍に増すこと、荷重たわみ温度17度上がることもわかり、プラスチック充填剤として、利活用への期待が一層高まりました。
この試験成績表descriptionもご覧ください。

柔組織としての利活用

柔組織は、植物体の茎や根など、植物の最も多くを占めている部位のことです。これは、家畜の餌として利用することができます。
にわとりで実験した結果、通常の餌を与えたニワトリと柔組織を50%配合した餌を与えたニワトリとで、肉質に変化がないことが「愛知県食品工業センター」で証明されました。ニワトリの餌として活用することで、家畜業のコスト削減が期待できます。他にも、キノコの栽培に利用する菌床にも利用できることがわかっています。

コンソーシアムの設立

オイルパームの樹幹(Oil Palm Trunk = OPT)で、石油化学素材を一切使用しない人と地球環境に優しい合板をつくることが株式会社パームホルツの技術でできます。
これまで、学校、市役所、体育館・図書館などの床・旅館の内装・日本庭園の池の橋・ベンチの板など屋内外問わず導入されており、安心・安全な製品であることを証明することができました。
そこで、OPTの利活用をビジネスとして展開していくために、OPTの安定的な供給ルートの確保、OPT合板の量産技術支援、OPTを使ったものづくりの研究開発、OPTを使用した製品の販売を目的としてパーム油の生産が盛んであり、そして、OPTの利活用に悩んでいるマレーシアでコンソーシアム(共同事業体)を2020年春を目標に設立することにいたしました。
つきましては、コンソーシアムへの参加に興味のある企業様を現在募集しております。
未利用資源のOPTの利活用に興味のあり、この事業を私たちと一緒にしたいと考える方は、コンソーシアム説明会エントリーフォームよりエントリーください。

コンソーシアム募集企業概要

  • コンソーシアム募集企業 オイルパーム 農園

    マレーシアのオイルパーム農園様

    この事業でOPTを利活用できるようにするためには、大量のOPTを安定的に供給できる仕組みが必要です。そこで、未利用資源のOPTの利活用に興味があり、木材加工会社と提携していただけるオイルパーム農園の方を募集しております。

  • コンソーシアム募集企業 マレーシアの木材加工会社様

    マレーシアの木材加工会社様

    OPTは、デンプン・糖分を多く含んでいることから、伐採してからできれば、24時間以内に加工工程に入らないとOPTが、腐ってしまい、資源としての価値がなくなってしまう問題があります。そこで、OPTの利活用に興味のあり、オイルパーム農園と提携可能な木材加工会社の方を募集しております。
    「高付加価値の合板加工技術とそのモノづくりに必要なシステムづくり」については私たちが伝承します。

  • コンソーシアム募集企業 投資家様

    投資家様

    OPTのビジネス化に向けての活動やさらなる利活用の研究開発には、まだまだ資金が必要です。そこで、OPTの利活用や環境保全、SDGsに貢献する事業に興味があり、投資をしていただける投資家を広く募集しております。

  • コンソーシアム募集企業 合板の量産技術がある日本の企業様

    合板の量産技術がある日本の企業様

    私たちは、OPTの高付加価値の合板技術の研究開発によって、用途により強度や加工方法の異なるOPT合板をつくることはでき、それをマレーシアの木材加工会社に伝承することはできますが、量産した経験はありません。そこで、合板の量産技術がある日本の企業様で、現地で日本クオリティの量産技術支援を行っていただける企業様を募集しております。

  • コンソーシアム募集企業 制作・販売に興味のある企業様

    OPTを使用した製品の制作・販売に興味のある企業様

    OPTは合板以外にも脱プラスチック推進原料や鶏の餌、きのこ栽培に使用する菌床など、様々な用途に利用可能なことが日本の研究機関で実証されております。そこで、合板を使用したこれらの製品制作や販売に興味がある企業様を募集しております。

  • コンソーシアム募集企業 ものづくりに興味のある企業様

    人と地球環境に優しいものづくりに興味のある企業様

    OPTは石油化学素材を一切使用しない地球環境に優しい合板と謳っていますが、「地球環境に優しい」と謳えるのはOPT合板自身のことであり、実際に施設に施工する場合は、鉄やネジなどの非天然資源を利用して施工を行うしかありませんでした。
    私たちは、制作から施工まですべての工程を「自然由来の資源だけで完結する」ことが「真の人と地球環境に優しいものづくり」と考えており、そこを目指しております。
    そこで、OPT利活用に興味があり、地球環境に優しいものづくりを一緒に取り組んでいただく企業様を募集しております。

↑ PAGE TOP